ニートの私が本気で育毛を決意した瞬間


数年前に当時勤めていた会社を辞めて以来、引きこもりニートの状態が続いています。


ニートはお気楽に生きているなんて思ったら大間違いですよ。

実家住まいのため親には煙たがられるし、将来への不安と絶望によるストレス、誰とも打ち解けて話せない孤独、国民年金や健康保険などのお金の問題も常に付きまといますし、殆ど地獄のような生活です。


なにかしたい、ちゃんと仕事をしなくちゃ。そう思っても一歩を踏み出す勇気が出てこないんです。

そうして益々自分の部屋から出ずらくなっていくんですね。


このような状態に陥ると、慢性的なストレスが原因なのか、頭髪がどんどん薄くなっていきます。生きる気力を失うと共に毛根も気力を無くしていくのでしょうね。そんなわけで僕も薄毛に気付きながら、見て見ぬ振りをしていました。


自分はまだ大丈夫。この生活から抜け出せればきっと毛根も気力を取り戻して髪はちゃんと生えてくるさ。

そのように考えていたのです。はっきり言って、職無しの引きこもりニートで、しかもハゲなんて救いようがないわけで。そんな自分を見て見ぬ振りしたくなる気持ちもわかりますよね。 しかし、現実を突き付けられる出来事がありました。


ある日。僕はいつものようにパソコンの画面に釘付けになっています。理由は平日の真昼間からオンラインゲームに熱中していたからです。


しかし真の絶望はこの瞬間に訪れました。

ゲームのロード中に数十秒のあいだ、画面が暗くなりました。その際にディスプレイに映り込んだ自分。その姿がすごくみすぼらしく見えたんです。


主に頭髪の後退が原因で老けて見えます。いえ、気のせいというレベルではなく、暗い画面の反射で見る自分は年齢不詳、たとえ60代と言われても納得してしまいそうなほど、貧相な見てくれをしていました。


相当ショックでしたね。キーボードに頭をうずめて泣いてしまう程です。


見て見ぬ振りも限界でした。はっきりと現実を突き付けられたのです。


自分の唯一の聖域であり心休まる空間であったパソコンに、そのような現実を知らされるなんて皮肉ですね。


僕はふいに中学の頃を思い出していました。仲の良かった友人とハゲてる教師の話題で盛り上がっていた時に「まつ毛が長いと男性ホルモンが強いから、将来ハゲるんだぜ」と言われたのを思い出したんです。


確かに僕は男の割にまつ毛が長いのが特徴で、クラスメイトの女子にも「まつ毛長いよね」なんて話し掛けられることもあり、ちょっと良い気になったこともありました。


調子に乗った罰とでも言うのでしょうか。 あんなほんの少しの優越感で今になってハゲなければならないのかと思うと、また泣けてきましたよ。


僕はたとえニートでもハゲだけは許せない性質でした。美意識の問題で、職無し金無しでも、ハゲだけは許せなかったのです。 この瞬間、育毛を決意したのでした。

しかし、いざ育毛を始めると言っても、お金がかかりますし、そんな余裕はありません。


僕が次にとった行動は職探しでした。このままハゲていったらそれこそ人生終了だ。


そんな思いから必死でいくつも面接を受けなんとかスーパーの正社員になることができました。


就職して早4ヶ月目になりましたが、毎日育毛剤をしたり規則正しい生活をしているというのもあって、抜け毛も減り髪の毛にハリと元気も出てきました。


自分で言うのもなんですが、まさかハゲたくないという気持ちでニートから抜け出すなんて思ってもみませんでした。


ホットフラッシュ対策→http://www.japanism.xyz

私が育毛を始めた理由トップへ