40代女性の私が本気で育毛を決意した瞬間


子供の頃は髪が多く、ボリュームが出過ぎてしまう事が悩みだった私。

二度の出産を経て、段々と丁度良い量になり、太くてくせ毛だった髪質もすんなりとした直毛になりました。

ちょうど30代の10年程の間は、人から羨ましがられる髪をしていたと思います。

その頃の私の髪型は、ショートの前下がりボブ。前髪はアシンメトリーで分けていました。

スポーティで快活そうな外見で、もともと内向的だった自分が最も社交的になった時期でもありました。

この頃、遠くはない未来に自分が髪で悩むことになるとは思ってもいませんでした。

40代に入り、白髪がぼちぼち出てきたな、と思った頃、私は焦るあまり頻繁に美容院で白髪染をしてもらうようになりました。

自分の外見が老け込んでしまう事に恐怖を感じ、なんとか維持しようと必死でした。

美容師さんからは、「まだそんなに目立ってないんだから、白髪染じゃなくヘアマニキュアでごまかすくらいの方が、髪には優しいですよ」

と言われていたのですが、ごまかすのではなく、隠したかった私は白髪染めを続けました。それが間違いだったのかもしれません。

ある朝、いつものように身支度を整えていました。顔を洗い、髪を整えようとして、櫛で前髪をとかしたとき 「なんだか、前髪が薄くなったかも」と気が付いたのです。

なんだか、額が前髪の間から透けて見えているようでした。そこで私は「後ろの髪を少し前に持ってきて、前髪のボリュームを増やそう」と考えました。

今までバックに降りていた毛を前に持ってきて、前髪と同じ長さに揃えて櫛でとかしつけて…

その時気が付いたのです。これが、これこそが世のバーコードのおじさま方がバーコードになる始まりの瞬間と同じなのだ、と。

そう、おじさま方も、初めは少なくなってきた前髪を、ちょっと横から足していったに過ぎないのです。

私もそれまでは「どうしてそんな髪型になってまで切らないのか」と思っていました。しかし、おじさま方にとっては、あのバーコードは前髪なのです。必死に昔の姿を繋ぎとめようとした結果があのバーコードだったのです。

衝撃でした。このままでは、私もバーコードおばさんになってしまう!女である私は、毛が無くなったからと言って坊主にする訳にも行きません。

私は育毛する決心をしました。そして、今まで心の中で少し馬鹿にしていたバーコードのおじさま方に心から申し訳ないと思ったのです。

女の私が本気で育毛を決意した瞬間

薄毛は、早い人では20代からその兆候があると聞きますし、遺伝も大きく関わっているとか言う話も聞きます。

祖父母や父母など自分の身内にそういう人がいると、早いうちから髪の毛のことを意識して生活しているんだと思うんです。


うちの家系は、祖父や叔父は年齢とともに若い頃の面影もないぐらいに禿げあがってしまっていましたが、幸い薄毛の女性はいませんでしたので、若い頃はさほど気にも止めずにいました。

でも、確かに家系には地肌が見えるほど薄毛になった女性はいませんが、やっぱり旋毛や後頭部が薄くなっている人がいます。


母も年齢の割にはしっかりと髪の毛がある方だと思うのですが、本人は頻りに旋毛を気にしていますし。

そう思うと、年齢とともに季節の変わり目などの抜け毛が増えているような気もしますし、心なしか髪の量も減ってきています。


40代半ばを迎えてからは、髪の毛にコシやハリが無くなってきたと思うんです。

これぐらいまだまだ大丈夫というのは、本人と他人が思う量にはやはりかなり違うと思うんですよね。他人様ら薄毛になったと思われるようになったら、もう色々と遅いんじゃないかと。

今から育毛に力を入れても、若い頃からきちんとケアしてきた人に比べれば焼け石に水かもしれません。

でも、遅すぎることはないと思います。

地肌が見えるようになって、それを誤魔化す努力をしながら育毛にも頑張るなんていうのは、それこそ自分の影と鬼ごっこをしているようなものです。追い付けないし追い越せない。


テレビやネットでも、女性用の育毛剤やウィッグなどの宣伝が多くなりました。それだけ年をとってもみんなお洒落をしたい、お洒落を出来る時代になったと言うことだと思います。


今でこうなら、20年後はどうなってる?

もっと、女性で薄毛で地肌が見えるような頭をしている人は少なくなっていると思うと、そこであの頃から努力していればよかったと後悔する羽目になると思いますね。


20年前の30代から、もっとヘアケアに気を付けていれば・・・産後にもう少し・・・なんて言うことを今更考えてもどうしようもありません。


せめて今から10年、20年後に同じように思わなくて済むようにと考えています。

とはいっても、まだまだ手探り状態で、実際に効き目が表れるかどうかはわかりませんが、やらないままで20年後に後悔したくないので、育毛対策を始めています。



まだ間に合う背中ニキビ対策!背中のブツブツを治す方法トップへ